葉酸サプリメントの副作用について

一般的にサプリメントと言いますと副作用が少ないイメージが強いですが、葉酸サプリメントはどうでしょうか。特に妊娠中や授乳中に積極的に摂取したい成分である葉酸ですから、お母さんの体はもちろん胎児や赤ちゃんへの影響も心配されるものです。

 

葉酸はほうれん草などの食物から摂取することができますが、熱に弱い性質を持つため加熱すると実際には食品含有量の50%以下しか取ることができません。しかしサプリメントなら葉酸をしっかりと撮ることができます。簡単に推奨量を摂取できるサプリメントですから決められた量を守らずに毎日過剰摂取すると食欲不振や吐き気、不眠症や痒みの症状が現れる可能性があります。場合によっては胎児の喘息のリスクが上がるとも言われているほどですから副作用に対して注意が必要なのは事実です。

 

しかし葉酸は妊娠中や出産後に積極的に摂りたい栄養素の1つである事もまた事実ですから、副作用をよく理解して正しく摂取すべきなのです。厚生労働省では妊娠を希望する女性や妊娠中、出産後の女性が食事では摂取し取り切れない不足しがちな葉酸をサプリメントを利用して積極的に摂取するようにと促しています。ここで気を付けるべきポイントは妊娠前から中期、妊娠後期や産後に摂取する1日の葉酸接種推奨量が違うというよう事です 。特に一番大切なの妊娠前から妊娠中期まで。その時は胎児の神経管閉鎖障害のリスクを低減するため1日400μgを積極的に取るようにしましょう。この量でも副作用のリスクが高まると言われる1日1,000μgの半分にも満たないのでそれほど心配する事はありません。

 

つまり何でもそうですが適量がベストということでしょう。副作用を恐れるあまり葉酸を摂取しないことの方が胎児への危険性が高まりますから、サプリメントに記載されている用法用量をきちんと守っていれば副作用のリスクはないのです。