正しい飲む時間を守って葉酸サプリメントを利用する

妊娠する前の妊活中から妊娠中までしっかりと補給してあげたいのが葉酸です。葉酸は赤ちゃんが無事に成長するために必要不可欠な栄養素で、摂取することは厚生労働省が推奨しているくらい大切なものです。しかし食事で必要量を摂取するのが難しいので、葉酸サプリメントを上手に利用してあげることが必要になってきます。

 

必要な栄養素だからと葉酸サプリメントをただ単に飲めばいいのではなく、正しい飲む時間を知って効果的に栄養を身体とお腹の中の赤ちゃんに補給してあげるようにしましょう。
葉酸サプリメントは一日に必要な量というのが決められているのですが、その量を一度に飲んでしまうのはよくありません。ご飯を一日三食食べるように、葉酸サプリメントも時間を空けて分けて飲むことで身体の中に葉酸が長くある状態を作っていくようにすることが大切です。

 

葉酸サプリメントの正しい飲む時間は寝る前や食事の前など胃の中が比較的空っぽの状態のほうが栄養素をよく体に吸収することができるので効果が期待できます。ただ胃腸に負担をかけてしまう可能性もあるので、もしも寝る前や食膳に飲んだ時に胃が痛くなるようなことや気持ちが悪くなることがあるのであれば、食後に飲むようにしましょう。

 

また食後に飲む場合ですが、妊娠中というのはおなかの中に赤ちゃんがいるので胃が圧迫されてしまって胃腸の動きが鈍くなってしまうことがあります。食後すぐに葉酸サプリメントを飲んでしまうとうまくいで吸収されないこともあるので、食べてから30分くらい開けて飲むようにすると葉酸サプリを意でうまく消化することができます。

 

葉酸サプリメントの正しい飲む時間は、寝る前か食前がベストですが、体調によっては食後から30分くらい時間を空けてから飲むとよいでしょう。それから一度に飲んでしまうのではなく、一日に何度か間をあけて飲むようにすると身体にしっかりと葉酸が吸収されます。
葉酸サプリメントを飲むときは、冷たい水やお茶ではなく白湯で飲むと胃腸の負担を和らげることができます。