自動車免許を取得して20年近くになる私ですが、いまだに車の運転に苦手意識があります。慣れている地域や、近くのショッピングセンターならば気軽に運転できますが、初めていく場所や旅行先での運転は必要以上に緊張してしまい、たいてい運転好きな夫に任せることになります。そんな私が一番苦手なのは高速道路。自動車学校で一度だけ運転したことはありますが、それ以降、高速道路の運転はしたことがありません。高速道路では、荷物をたくさん載せて走る大型トラックや、新車を何台も乗せているキャリアカーなどを見かけますが、私にとっては大型自動車を運転するということだけでも考えられないことなのに、そのうえ高速道路を運転するというのは、まさに神業。「よくそんな人間離れしたことができるものだ」と感心してしまいます。
そんな私ですが、以前旅行に行った際、夫が夕飯時にビールを飲んだため、その後に温泉施設まで運転しなければならなくなったことがありました。時間は夜8時。決して遅い時間帯ではありませんでしたが、田舎の街灯が乏しい町は、車のライトを目いっぱいつけても運転が心配なほどでした。他に車が通らないことをいいことに、ゆっくりゆっくりと運転していき、無事に目的地についたときには身体の力が抜ける気がしました。
近頃、自動運転する自動車の走行実験のニュースを見かけますが、車の運転が好きな夫は「車はやっぱり自分で運転したい」と言います。交通事故が起きた時の責任の所在など、解決すべき点は多いとは思いますが、私にとっては実用化が待ち遠しい自動車技術の一つです。

車を買い替える時に、友達に売却するということを考え方方もいると思います。でも、これは次に説明する3つの理由からおすすめできません。

・売買価格でけんかになる。
車の売買価格というのは、素人が決められるものではありません。走行距離や年式以外にも、事故歴やエンジンなどの状態、オプションやグレードによっても、幅があるため、素人では計算するのが困難です。この点、車買取店はプロですので、適正な買取価格を計算してくれます。

・後々に壊れてトラブルになる
仮に、相場情報誌などを参考して価格を決めて、友達に対して売却したとしても、その価格が後々トラブルになる可能性があります。例えば、売却後の1か月程度で、大きな故障が発生した時です。数万円程度なら大目に見てもらえるかもしれませんが、エンジンやトランスミッションが故障して、10万円以上の高額の修理となると、相手もその原因をあなたに押しつけてきかねません。最悪の場合、訴訟に発展する可能性もゼロとは言えず、友人関係にも大きなヒビが入ってしまいます。

・名義変更がされないリスクもある
友達に車を売却して、お金はもらったけれど、いつまでたっても名義変更をしてくれないということも考えられます。もし名義変更が行われないまま、次の4月1日を過ぎてしまうと、その年度の自動車税があなたに課税されます。他にも、駐車違反などをして、本人が出頭しない場合、罰金もあなたに通知が回ってくる可能性もあり、さまざまなところで不利益を生じることが考えられます。

 ずっと以前のことですが、明石家さんまさんがボルボの良さをテレビで話していました。そのとき、初めて、ボルボという会社があるんだ、という認識を持ちました。そこから、なんとなく、ボルボのことが気になっていました。
 それから、幾度となく、車を乗り換えましたけれど、所詮庶民のことですから、外国の高級車に手を出せるわけはありません。国産車、しかも、夫の勤務先の関係から、トヨタ自動車に限って、購入をしていました。こういったのがいい、という理想はあっても、お金のない庶民、しかも、子育て世代となると、いいな、という理想よりも現実をとらざるをえません。
 ファミリーカーで、燃費がいい、とか、子どもの乗り降りが楽、とか、チャイルドシートが取り付けやすい、とか、そういった、あくまで、実用性を考えた車に乗っていました。
 ですが、そのような時代も過ぎ去り、子どもも独立、経済的にも少しゆとりができてきて、そろそろ最後の車の買い替えを、という時期に差し掛かっています。そこで、頭の中をよぎるのが、いつかはボルボ、という考えでした。何が、というのではないのです。ただただ、漠然と、あの時、明石家さんまさんが語っていたボルボというメーカーの車に乗りたい、それだけなのです。そうすることによって、ずっと以前からのかなえられなかった夢というと大げさかもしれませんが、そういったものをまた一つクリアできるような、そんな気持ちになるからです。
 消費税の上がる前の今がチャンス、年齢的にも、今がチャンス、だから、近くのディーラーに行って、行動を起こすぞ、と思っています。

車って所有していると何かとお金がかかるものですよね。マイカーローン、税金、駐車場代、それにガソリン代などなど・・・。けれど、どれも車を所有していれば必然とかかってしまう費用ばかりでなかなかその金額を抑える事は難しいものです。けれども、車にかかる費用のうち、自動車保険は割と費用を抑える事が出来たりする事をご存知ですか?ここでは自動車にかかるコストを抑えるための自動車保険の見直しのコツをお話ししますね。
今、自動車保険の保険料を毎月月払いで支払っている人がいたら、是非お勤めになられている会社の人事部や総務部など、福利厚生制度を担当している部署に電話をして団体扱い自動車保険の制度があるかどうか確認してみて下さい。一般の自動車保険はその保険料を月払いで支払っていると実は割増がかかってしまうのです。けれども団体扱い自動車保険制度はその保険料を毎月給与天引きで払う仕組みになっているのですが、その毎月払う保険料には割増がかからないというもの。一般の月払い自動車保険の場合は、割増は10%相当になりますので、単純な話、団体扱い自動車保険制度に切り替えるだけで毎月の保険料が10%も安くなる可能性があるのです。さらに、お勤めの会社の自動車保険団体扱い保険制度が多くの社員の皆さんにご利用されている場合、大口団体割引が適用されている事があります。加入者が多いとこの大口団体割引は20%、30%割引にもなっている事も珍しくありません。社員数が多い会社にお勤めの方は是非、確認してみる価値はあります。
そんなお得な団体扱い自動車保険への切り替えは実に簡単です。今加入している自動車保険の保険証券のコピーをその団体扱い自動車保険制度を担当している部署に渡せば、満期の時に切り替えの手続きを案内してくれるはず。たったこれだけの手続きで今の保険料が10%、もしくはそれ以上も安くなってしまうかもしれません。最近ではガソリン代もかなり上がってきていますよね。ここ最近の物価上昇の折、他の費用を削る事もなかなか難しいものです。車にかかるコスト削減を検討している人は是非、参考にしてみて下さいね。

2014年にスバルレガシィがフルモデルチェンジを行った際に、想像もしていなかったワゴンが姿を消しました。レガシィはセダンよりワゴンのほうが人気が高かったのになぜだろうと思っていたら、なんとその代わりにレヴォーグが登場しました。

年々大型化するレガシィに対して、レヴォーグは引き締まったコンパクトなサイズにまとめられており、5代目レガシィワゴンに比べても、100mmもホイールベースが短くなっているようです。日本の道路事情を考えると、やはりレガシィワゴンは大きくなりすぎたということなのでしょう。

しかも、レヴォーグは単にレガシワゴンの代わりということではなく、どのグレードもすべてスポーティかつハイクウォリティに仕上がっているところがすごいところです。インテリアは高級感があり、エンジンもハイスペックでありながら燃費も良い優れものです。私は維持費を考えて1.6Lエンジンを選びました。2.0Lエンジンのほうがよりパワフルですが、1.6Lでも直噴ターボなので非常に力強さがあります。ガソリンもレギュラー仕様なのもうれしいですね。

購入から2年が経過したところで、引越しのために売却することになりました。レヴォーグは超人気モデルなので、高額買取を期待していましたが、想像通り納得価格での買取となりました。まだそれほど多く出回っていないことや、コンディションも非常に良いということから、福島市の車買い取り業者の中には、一番高いところだと査定額が200万円近くと、非常に高く評価してくれました。

車を売却したいと考えた時に、中古車買取業者様に査定していただいたりすれば、おおよその相場が分かると思います。
相場価格ですが、自分がこのくらいで売りたいと思っている価格よりも、たいていの場合は安価ではないでしょうか。と言いますのも中古車買取業者様も買い取った後に売却されるため、できるだけ安く買い取り、できるだけ高く売却したいと考えているためです。
結論から言いますと、中古車買取業者様を間に通すことでとても高い手数料が発生しているということになります。
そこで、車のフリマサイトを活用させていただければこの中間の手数料がかなりお得になるのではないかということを考えさせていただきます。売却したい個人の方が、中古車買取業者様に買い取ってもらうのではなく、車を買いたい個人様に直接買い取ってもらうという流れになります。フリマサイト様はその間に入っていただくことで、車の輸送や必要書類などの手続きをしていただきます。もちろん手数料は発生しますが、中古車買取業者様に買い取ってもらうよりは、はるかに手元にお金がたくさん入るのではないでしょうか。
利用させていただくのにあたり、不安な点もいくつかございます。
車を買う側からしますと実際に見たり試乗していない中古車を買ったりすることは、本当に大丈夫であるかどうか不安になるのではないでしょうか。こういった不安な点も、フリマサイト様が代わりに見てもらい、確認済みであることを証明していただけます。
これなら車を買わせていただくのも、安心して買うことができます。
今後は、こういった車のフリマサイト様を活用することでよりお得に車が選べるようになることを期待します。