車って所有していると何かとお金がかかるものですよね。マイカーローン、税金、駐車場代、それにガソリン代などなど・・・。けれど、どれも車を所有していれば必然とかかってしまう費用ばかりでなかなかその金額を抑える事は難しいものです。けれども、車にかかる費用のうち、自動車保険は割と費用を抑える事が出来たりする事をご存知ですか?ここでは自動車にかかるコストを抑えるための自動車保険の見直しのコツをお話ししますね。
今、自動車保険の保険料を毎月月払いで支払っている人がいたら、是非お勤めになられている会社の人事部や総務部など、福利厚生制度を担当している部署に電話をして団体扱い自動車保険の制度があるかどうか確認してみて下さい。一般の自動車保険はその保険料を月払いで支払っていると実は割増がかかってしまうのです。けれども団体扱い自動車保険制度はその保険料を毎月給与天引きで払う仕組みになっているのですが、その毎月払う保険料には割増がかからないというもの。一般の月払い自動車保険の場合は、割増は10%相当になりますので、単純な話、団体扱い自動車保険制度に切り替えるだけで毎月の保険料が10%も安くなる可能性があるのです。さらに、お勤めの会社の自動車保険団体扱い保険制度が多くの社員の皆さんにご利用されている場合、大口団体割引が適用されている事があります。加入者が多いとこの大口団体割引は20%、30%割引にもなっている事も珍しくありません。社員数が多い会社にお勤めの方は是非、確認してみる価値はあります。
そんなお得な団体扱い自動車保険への切り替えは実に簡単です。今加入している自動車保険の保険証券のコピーをその団体扱い自動車保険制度を担当している部署に渡せば、満期の時に切り替えの手続きを案内してくれるはず。たったこれだけの手続きで今の保険料が10%、もしくはそれ以上も安くなってしまうかもしれません。最近ではガソリン代もかなり上がってきていますよね。ここ最近の物価上昇の折、他の費用を削る事もなかなか難しいものです。車にかかるコスト削減を検討している人は是非、参考にしてみて下さいね。

Comments are closed.

Post Navigation